ビットコインETF今後2ヵ月で9つも審査待ち?ミーの仮想通貨最新ニュース【8月10日】

8月10日仮想通貨最新ニュース

8/10本日の仮想通貨ニュースはビットコインETFは今後2ヵ月で9つも審査がある?ライトコインがテレグラムで送金可能に!AnyPayグループがSTOサポートシステムをリリース予定!リップルが500万人が利用するプラットフォームに導入!等々をピックアップしています。

8月10日の仮想通貨情報(ニュース)

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!ビットコインは70万円台をキープ、アルトは厳しい状況が続いています。。

仮想通貨価格-前日比-8月10日

SECから審査待ちしているビットコインETFはまだまだあるんだね!
今後2ヶ月の間だけでも9つもあるんだよ!

ビットコインETFは今後2ヵ月で9つも審査がある?

先日、最も有力なビットコインETFと期待値が高かったCBOEのETF可否判断が9月30日に延期となり、市場は大暴落につながりました。

しかし今後2カ月の間で9つのビットコインETFがSECからの審査待ち状態のようです。

  • 8月23日:プロシェアーズ提出の2つのファンド
  • 9月15日:グラナイトシェアーズ提出の2つのファンド
  • 9月21日:ディレクシオン提出の4つのファンド
  • 9月30日:CBOE提出の1つのファンド

私の個人的な素人予想だと今年中は難しい気がします。。

CBOEのETF可否判断も最大の延期で2019年2月頃になる(8/8日記)ようですし…(´Д`ι)

うーん…まだまだビットコイン含む仮想通貨のインフラ(市場整備)が整っていない状態では、ちょっと厳しいかな・・・でも予想に反して今年中にビットコインETFが認可されるとかなり大きな動きになりますね!

まぁ一生通らないってことは、まずないと思うので気長に待つことにします!

ライトコインがテレグラムで送金可能に!

メッセージアプリのテレグラムでライトコイン(LTC)が送金できるプロジェクト「lite.im」がリリースされました。

「lite.im」では、下記のようなことが可能のようです。

  • 現在のライトコインの残高を確認できる
  • ライトコインをウォレットに送金できる
  • プライバシーが保護される
  • ウォレットが分からなくても電話番号で送金先を指定できる

将来的にはSMSでもサポートする予定のようで、SMS機能が追加されればインターネットの接続状況が悪い場所でも使えるようになるとのこと。

そういったネット環境が悪く、金融システムを利用できない人々でも使えることを目的としているようですね。

どんな環境下にいても身近なものを利用して、通貨を送受信したり決済ができるシステムはこれからもどんどん普及していってほしいですね(´∀`)

あわせて読みたい

ライトコイン(LTC)ってどんな通貨??

仮想通貨ライトコイン(Litecoin)について記載しています。ライトコインの最新ニュースから今後や将来性も考察しています。ライトコインのsegwitやマイニング、半減期などについても詳しく記載していますので参考にしてください。

AnyPayグループがSTOサポートシステムをリリース予定!

AnyPayグループがより企業が簡単にSTO(Security Token Offering)を簡単にできるサポートシステムを2018年内にリリース予定と発表がありました。

STO(Security Token Offering)ってなに?と思われた方は、まずは公式ページから下記の文言を拝借。

適用ある金融商品関連法令に従い、金融商品としてトークンを発行して資金調達を実施し、その資金をもとに行ったビジネスの収益を投資家へ分配することを目指す、 STO(Security Token Offering)を実施しようとする企業が増加しています。

ニュアンスとしては、、

ICOICOはどちらかというとプロジェクトに投資しているが実質は(トークンの値上がりを狙った)金融商品にあたりグレーゾーン。(国によってはアウト)
STOSTOは金融商品として金融商品関連法令に従ってトークンを発行して資金を調達、さらに投資家へ収益を分配するという法令にのっとった株式に近いイメージ。

また今回AnyPayグループが提供するSTOサポートシステムは、以前COMSAがICOをサポートするプラットフォームとして売り出していたSTO版みたいなイメージですかね。

むむ。。文章にするとまどろっこしいですが、要は企業に代わって手続きが非常に面倒なSTOをして資金調達をサポートするってことだと思います!ハイ。

投資家からすると無法地帯のICOより、厳しい審査基準を通過してきたSTOは投資しやすいものになるのかもしれませんね(´∪`*)

リップルが500万人が利用するプラットフォームに導入!

リップル(XRP)がフィリピンを中心に500万人ものユーザーを抱えているcoins.phという仮想通貨プラットフォームの中で使用できるようになりました。

coins.phは仮想通貨の決済の他にも、貨の送受信やウォレット機能を備えているようですね。

500万人って相当凄いと思いますが、、たしかコインチェックで170万人、ビットフライヤーでも200万人ぐらいだった気がします。

リップルってほんとに次から次へと良いニュースが出てくるのに、最近はまったく価格に影響しなくなってしまいましたね。。(この地合いだと仕方ないか…)

でも良いニュースがたくさんあるのは素直に嬉しいので、今後のリップルに期待したいですね♪

XRP購入の取引所選びのpoint!
リップル(XRP)の購入はどこがおすすめ!?投資スタイルに合わせて使い分けよう!

大人気のリップル(XRP)が購入できるおすすめ取引所を紹介しています。XRPを買える取引所はいくつもありますが、ここではそれぞれ投資...

バイナンスが分散型取引所のデモを公開!

バイナンスCEOのCZ氏が、開発中の分散型取引所(DEX)のデモ画像を公開しました。

バイナンスでは中央集権の取引所とDEXなどの非中央集権の取引所は共存するという考えの基、分散型取引所の開発を進めています。

先日はイーサリアム系のウォレットアプリ「Trust Wallet」を、バイナンスが買収したことでもDEXへの熱意が感じられますよね!

分散型取引所では、各々のユーザーが秘密鍵を持って通貨を保有するのでセキュリティに優れており、ハッキングリスクも中央集権の取引所よりかなり低いことが評価されています。

その反面、DEXは様々なところで手数料を取られたり、取引板が薄く流動性が低いというデメリットや、基本的に使いにくい分かりにくいという問題も抱えています。。

しかし!バイナンスがリリースする分散型取引所は、そういった諸々の問題点やデメリットも、払拭してくれる使いやすいものを提供してくれる!・・・と期待してますっ(´∀`)

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-8月10日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP37.2-2.0%
ビットコインキャッシュBCC6.6万-0.5%
イーサリアムETH3.9万-0.2%
フオビートークンHT253-4.0%
ネムXEM13.3-0.1%
アリスALIS5.8-0.5%
ネオNEO2341-3.7%
リスクLSK368-0.8%
モナコインMONA201-4.2%
仮想通貨総資産平均合計-1.1%

昨日の夜にまたナンピンしてNEMを買ってしまいました。

市場予想はまだまだ下がると予想している方が多いようですね。

たしかに、まだまだSECのビットコインETF否認ラッシュが続くと考えると、市場はまだ下落に向かっていくことも考えられますが、、、私はそろそろそのニュースも飽きてきたんじゃないかなと予想しています!

うぅ…そろそろ戻してくれ~彡(-ε-;)彡

上記ポートフォリオ以外の海外のアルトコインはBinanceを利用しています。
バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資して楽しんでいますよ(*´罒`*)

⇒ Binanceの登録方法
⇒ Binance(バイナンス)で通貨を買ってみる

それではまた明日☆彡

トップへ戻る